更新履歴

さわりを読む▼をクリックすると更新された内容の冒頭部分がご覧になれますので、久しぶりのご訪問の方はこちらで未読・既読のご確認ができます

日付別の更新チェックはカレンダーの日付をクリック ▼

2015 01123456789101112131415161718192021222324252627282015 03

【  2015年02月  】 

スポンサーサイト

スポンサー広告

--.--.-- (--)

 全文を読む

PageTop▲

2話 ソイツの名は

青春アメとミエナイ彼女

2015.02.13 (Fri)

  さらりと夜風になびくショートカット、照明が艶のある亜麻色の髪を照らしている。顔のパーツは端正に整っていて、瞳は黒真珠みたいに綺麗だった。背は低く、線の細い体つき。服装は水玉のシャツに、下はレギンスにショートパンツをはいていた。 舞い散る夜桜に囲まれて佇む様は、桜の精みたいだった。 俺は惚けたように立ちすくむ。視線と意識が彼女に奪われていた。 宵闇に飲まれそうな彼女は儚げで、切なげで、そして綺麗で...全文を読む

PageTop▲

1話 春と夜間とヤマト男子

青春アメとミエナイ彼女

2015.02.13 (Fri)

 chapter.1 夜がすぐそこまで迫った藍の空模様。都心から少し離れた文京区白山の街並みは閑静で、大学までのメインストリートは講義を終えて帰宅する大学生たちで占められていた。 学生のほとんどが最寄り駅へと向かうなか、俺の進む方向は正反対だった。学生たちの流れに逆らうよう、大学に向けて駆け抜けていく。 コンクリの歩道を走りながら、疑問があった。 ――なんで俺は会社の制服で大学に向かってんだよ! マスコットキ...全文を読む

PageTop▲

前月     2015年02月       翌月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。